千葉海浜幕張メッセー近くにあるアロマテラピーのサロン&アロマスクール♪遺伝子栄養学、漢方理論に基づくアロマテラピーを展開しているトータルケアサロンとスクール


by aromajudy
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Fordays仲間:仙台三浦さんから転送災地の情報

仙台にいらっしゃるFordaysの事業参加者三浦さんからのメール内容を公開させていただきます。

確かに体が丈夫であれば被害に遭遇しても持ちこたえられるものです。津波で一瞬で命がなくなってしまうことを思うと切なくて、命ってなんともろくてはかないものでしょうと、あっけなく死んでしまうのだと思うと日頃何のために皆の健康作りに奮闘するものかと落胆もしました。が、このメールを読んだら”馬鹿な”迷いが消えました。

命がある限り、健康づくりは必要なんです!!困難を乗り越えるのも丈夫な体と心が必要です。私がこれからも皆さんの健康作りに力を注ぎ続けたいです。

仙台被災地から直接の声、ありがとうございます。大変な状況ですが三浦さんも喜子さんもきっと皆に核酸を配り、希望と勇気と「栄養」を与え続け、仙台支部はきっと立派に復興することになるのでしょう。

勇気を頂戴させていただきました。心より感謝します。

Judy

====>>
おはようございます

16日19時にガソリンスタンドの列に並び、17日の9時に給油が完了し、カフェにてスキンケアやシャンプーなどをもらいました。

3日前に石巻に行ったときは雪が降っているのに裸足に拾ったサンダルで過ごす方々が多くみられ、顔も足もあかぎれ、ボロボロになっていました。

また、赤ちゃんはオムツ換えができなく、お尻がただれ泣きまくっていました。避難所でクリーム類を差し上げると「お母さん達が笑顔できれいにいないとね」なんて涙を流して感動してくれました。

遺体や瓦礫を乗り越え、震災後はじめて木村さん宅に行ってみるとあらためて震災の凄さを痛感しました。

家には誰のかすらわからない車が二台激突し、大量の瓦礫が押し流され、一階は破壊壊し無惨な状況でした。

喜子さんは、そんな家を見ながら『家を失ったのはみんな一緒だから。それよりもグループの仲間を失ったほうが辛い』と語り、『もう一度家を建てるよ・今度は一階に自宅サロンを作ってみんなを招待するんだ。私は絶対にやるよ』って約束してくれました。

電気も人の気配も全くない街中を21時までひたすら歩き、会員さんへドリンクを届けました。

私自身も含め被災された仲間が身も心もボロボロのなか、頑張れるのはフォーデイズの製品が『体』を支え、ビジネスや仲間が『心』を支え、暗闇の中に一点の光が見えているからです。

こんな最悪な状況だからこそ、人と人のつながりの大切さを感じ、感謝しています。

『一人は万人のため、万人は一人のために』努力し、1日でも早く復興し、フォーデイズの魅力を伝えていきましょう。

<<=====
[PR]
by aromajudy | 2011-03-18 11:27